2017年12月23日

旅行記 -レゾネイトクラブくじゅう宿泊-

先日、久方振りに、
レゾネイトクラブくじゅう”に宿泊した。


私と相方にとり、あの場所での滞在は、それ自体が目的となるものだ。
何か、特別な事を嗜むわけではない。
温泉を愉しみ、雑誌なぞを持ち込んで読み耽り、
料理に舌鼓を打ち、朝焼けを思う存分眺める、それだけである。
しかし、それがやめられない。

此処は極端に高級な宿ではない。
しかし、決して安価でもない。
我々にとり、簡単に来訪出来る場所ではない。
だから、毎回が愉しみなのである。

此処は、スタッフの方々も素敵だ。
堅苦しさを感じさせない、しかし礼儀を失しない接客態度は、
此方に緊張や、不快感を全く起こさない。
それもまた、この場所の魅力だ。


今回、宿泊当日は生憎の曇天だったものの、
その明朝は、神々しささえも感じるものであった。
写真を幾枚も撮った。
しかし、所詮私の撮影では、その美麗さの何割も表現出来はしない。
それでも折角なので、そのうち数枚を皆様にご覧頂きたいと思う。



20171223_01.jpg



20171223_03.jpg



20171223_02.jpg




20171223_04.jpg



20171223_05.jpg



20171223_06.jpg




このような美しい朝焼けを目の当たりに出来るのは、本当に僥倖だと思う。
以前にも書いたが、いつかこの土地に住まいを持ちたいものだ。
実現は簡単ではないかもしれないが、
それでも私にとり、この夢は中々捨てきれるものではない。


今回も素晴らしい滞在だった。
今から、もう既に次回の来訪が楽しみで仕方がない。
いつ行こうかと、相方と相談する今日この頃である。


この記事の読了に、深く感謝。


posted by ネコハル at 08:37| Comment(0) | 雑記録(来訪記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください